レンタルサーバー速度比較記事はこちら

mixhostは使いやすくなった?2021年に改めてレビューする

mixhost 2021

前回に書いた記事が2018年時のものでした。

mixhostを1ヶ月試用したら注意点がポロポロ出てきた。初心者にオススメするならエックスサーバーかなと思った。そんな話。

2018年当時のミックスホストはレンタルサーバーとして誕生したばかりというのもあり、多々気になる点があるサーバーでした。

そこから3年、レンタルサーバー業界は過酷なスペックアップ競争が繰り広げられており、それはMixHost(ミックスホスト)にも当てはまります。

久々にミックスホストで新しくブログを開設したこともあり、2021年現在、ミックスホストはどうなのか、改めてレビューしたいと思います。

ちなみに僕の契約しているプランはノーマルサーバースタンダードプランです。

サクサク感アップ

今回は久々に0から。新規に独自ドメインを取得してmixhost上でWordPressを構築していくところから始めました。

テーマをインストールして、各種諸々のプラグインもダウンロード、そしてデザインを多少いじった後、記事を複数投稿…として実感したのが「サクサク感」がだいぶ向上していることです。

3年前のミックスホストってエックスサーバーなど他レンタルサーバーの同額プランと速度はあまり変わらなかったのですが、ちょくちょく不要な待ち時間が発生することがありました。

記事を編集したいのにページが切り替わるのが遅かったり、プラグインのダウンロードが極端に遅くなることがあったり…

それが今回、0から新規に構築していったところ、そういう不要な待ち時間に遭遇しなかったんですよね。

ずっとサクサクなまま構築できて非常に快適になってる

この3年間でmixhostのサーバースペックは向上しているので、その恩恵をしっかり体感できたのかなと思います。

初期ドメインは無くなった

3年前の記事で一番の問題と感じていたのが、初期ドメインにアクセスした際のファイルツリー丸見え問題です。

以前はmixhostを契約すると「http://(ユーザーID).mixh.jp」といったユーザーIDにちなんだ初期ドメインというのが発行されていました。

この初期ドメインを使ってブログの開設も出来るのですが、レンタルサーバーを契約してブログを開設する方の多くは独自ドメインによる運営を考えているはずです。

そのため初期ドメインは発行はされるけど使うユーザーはとても少ない…せいぜいテスト用に使っているぐらいでしょう。

しかしこの初期ドメインにアクセスするとファイルツリーが見えてしまう(セキュリティ的な問題)、運営しているサイトの一覧がバレてしまう(運営者のプライバシー的な問題)、さらに独自ドメインで運営しているサイトも初期ドメインにぶら下がり検索エンジンにもそちらのほうが掲載されてしまったり(SEO的な問題)…など諸々の問題がありました。

そのため初期ドメインを隠すために一手間加える必要があったのですが、これがなかなか初心者は見落としやすいし、どうすればいいのかわからない。
初期ドメインを活用している人は少ないのに、使わない人はケアをしなきゃいけないというミックスホストのウィークポイントだと感じていました。

それがいつからかは不明ですが、初期ドメインの提供が無くなっていました

そのため若干力技な感じはしますが、この問題は解決
ミックスホストを使う上で個人的に最大の懸念点と思っていた部分が無くなったと思います。

メールの受信速度

3年前の記事では、メール受信がとにかく遅い、30分後にメールが届くといったありさまで常用出来ないレベルでした。

2021年のmixhostはどうなっているのか…。
僕自身、ミックスホスで運営しているドメインのメールは全く使っていなかったので久々に試しました。

Gmailからミックホストで運営している独自ドメイン宛へ送信すると…
なんとわずか10秒足らずで受信!(ミックホストのWEBメール上で確認)

なにやらいつの間にかすっごく早くなっていました

時間と日を変えながら何度か試しましたが、だいたい10~15秒ほどで受信。2,3秒で受信したときも。これはいいですね。

念の為、受信だけでなく送信も試してみました。
※3年前でも送信は問題なかったです。

ミックホストで運営している独自ドメインのメールアドレスからGmailへ送信。
10秒かからずGmailで受信出来ました。送信も問題なしです。

メールはしっかりと改善されてましたね。これなら常用していけます。

cPanelの使い勝手

サーバー管理や独自ドメインの設定なんかで使うことになる管理用の画面がcPanelです。

MixHost cPanel

MixHostのcPanel

cPanelは世界標準とも言える管理画面なのですが、個人的にcPanelはあまり使い勝手が良くなくって、パッと見でどこをどういじれば…というのが分かりづらく好きではありません。

例えばライバルとなるエックスサーバーロリポップ!なんかは独自の管理画面が提供されていて日本人や初心者アフィリエイターがわかりやすい画面になっているんですね。

エックスサーバー サーバー管理画面

エックスサーバーの管理画面

ロリポップの管理画面

LOLIPOPの管理画面

ミックスホストのcPanelは翻訳も中途半端だし、日本人、というかレンタルサーバー初心者が使いやすいような画面になってないんですよね。

そして、ここの使い勝手は相変わらず。3年前とほぼ変わっていません

もっともミックスホストの3年前からの美点の一つ、ヘルプが充実しているので困ることはないです。

MixHostのヘルプ画面

ヘルプは画像多めでわかりやすいのは変わらず。
困ったことはWEB検索よりもヘルプ検索でだいたい解決するのでここは助かります。

エックスサーバーだとサーバー管理画面開けばなんとなくわかったりするんですけど、ミックスホストは管理画面(cPanel)を開いたら一緒にヘルプも開きましょうって感じになりますね。

mixhostを使う方はヘルプもブックマークしておきましょう。

参考 mixhostヘルプページmixhost support

アダルト専用サーバー

なんと2020年3月4日からアダルト専用サーバー「mixhost adult」が始まっていました。

このプランが始まる前から、もともとmixhostアダルトサイト運営OKでした。
※ライバルのエックスサーバーやロリポップはアダルトサイトNG

ミックスホストはそもそもが、日本企業がやっているレンタルサーバーでアダルトOK、コスパも良いってことでサービスINと同時に人気になったレンタルサーバー会社です。

そのため、mixhost契約者の多くがアダルトサイト運営を目的としているのじゃないでしょうか。

今までもアダルトOKだったのに、この専用サーバーはいったい?と調べてみたところ…

  • 夜間にアクセスが集中しがちなアダルトサイト向けに特化したチューニングがされている

違いはこれだけみたいです。
サーバーのスペックも価格も変わらず。

このチューニングがどれだけ効果があるのかは不明ですが、調べてもあんまりチューニングや、通常サーバーとの性能差をアピールしてないんですよね。

キャッシュなり、スペックの変化なりあるのであれば、そこを強調してくるはずです。

それを強調しないということは、サービスとしてのわかりやすさ(アダルト運営OK)を強調しているだけであって性能差はあんまり無いのかなと思います。

通常サーバーとアダルト専用、どっちを選ぶ?

違う点は「アダルト専用サーバー」は専用のチューニングがされている、という1点のみです。

サーバースペックは同等、料金プランも同じ。

通常サーバーであってもアダルトサイトの運営はOKだし、逆にアダルト専用サーバーで健全なサイトを運営してもOKです。

参考 レンタルサーバーとアダルトレンタルサーバーの違いが分からないmixhost support
  • アダルトブログの運営がメインならmixhost adult
  • 健全なブログ運営がメインならmixhost
  • 迷っているならどちらでも…僕ならチューニングに期待してmixhost adultにするかなぁ。

ここが残念

相変わらずLiteSpeedCacheはサポート外

ブログのアクセスが増えてくると気になってくるのがブログの表示速度です。

多くのユーザーが一度に訪れるようになるとサーバーにアクセスが集中するのでブログを表示する速度が遅くなってきます

それはブログがそれだけ大人気になったということで嬉しい悲鳴でもあるのですが、ここで必要になってくるのがブログ表示速度の高速化です。

WordPressの場合、キャッシュプラグインというのを使って高速化させることになります。

ミックスホストはサーバーにLiteSpeedを使用しているのでLiteSpeed Cacheという高速化キャッシュプラグインが使えます。

しかし、これは3年前も今もサポートの対象外

ミックスホストも公式ヘルプなどでLiteSpeed Cache使えますよ、という案内を出しているものの導入に関してはサポート外としています。

参考 WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法mixhost support

LiteSpeed Cacheは設定項目も多く(それだけ細かくカスタムできるとも言えますが)初心者が適切な設定をするのは正直無理でしょう。

公式ヘルプではパラメータの説明はあるものの、それだけ。説明だけです。

Web検索すれば設定値など紹介している記事が見つかりますが、見様見真似でそのまま設定はしたものの使用テーマや他プラグインと相性が悪く不具合の原因となったりもします。そしてカスタムしたデザインが反映されないとか、その挙動も初心者の戸惑いの要因になっていたりとなかなかクセのある存在でもあります。

せめてパラメータ各種のお勧め値や推奨設定値とかがあるととても助かるのですが。

エックスサーバーロリポップ!はサーバー側の標準オプションとしてキャッシュ機能を提供してくれているのでここはすごい楽なんですよね。サーバー設定画面でオンのチェックを入れるだけ。

mixhostは自分でプラグイン導入、各種設定も自分で、なので非常に面倒です。

高速化は後回しでも…

そもそもが人気ブログになってから考えればいい問題です。
ミックスホストはスタンダードプランであってもなかなかのスペックなので。

プラグインなので後からでも導入は可能です。

相性が悪かった場合もプラグインなので取り外しも楽です。

アクセスが集まる人気ブログならば、いっそのこと上位プランに変更してサーバースペックを上げる、という選択肢もあります。

まとめ

開設しようとしているブログが健全なブログであるならばレンタルサーバーの選択肢は多いです。

あげれば他にも沢山ありますが、個人ブログであれば利用者が多い上記2社から選べば困った時にWEB検索やTwitterなんかで助かることも多いのでお勧めです。

僕は上記2社とも契約してますし、今ご覧のこのブログはエックスサーバーのスタンダード(旧X10)プランで運営しています。

エックスサーバーとロリポップに関しては別記事にもまとめていますので、興味のある方は御覧ください。
※下の方に関連記事としてリンクを貼っておきます。

こういったレンタルサーバーは共有サーバーといって複数のユーザーが同じサーバーを間借りして使っています。
アダルトサイトはジャンルの特性上、極端なアクセスが集まりやすく、攻撃を受けやすい、という特徴を持っています。
これがサーバーのアクセス過多による表示の遅延、最悪サーバーが落ちる、といった問題を引き起こします。
健全なブログしか運営しないのであれば、アダルトサイトNGなレンタルサーバーを選んだほうがこういった問題に巻き込まれないので安心です。

そして、アダルトサイト運営を考えているのならばレンタルサーバーの選択肢って少ないのです。

日本人向けのサーバーでアダルトOKでコスパがいいところというとmixhostカラフルボックス(アダルト専用プラン)ぐらいかなぁ。

僕はミックスホスト(通常サーバーのスタンダード)とカラフルボックス(アダルトBOX2)の両方を契約しています。

カラフルボックスはミックスホストよりも後から始まった新しいサーバー会社なのですが、カラフルボックスがアダルトサーバーを始めた当初は、圧倒的にカラフルボックスがお勧めでした。

ただ2021年の今、mixhostで僕が問題に感じていた多くの部分が改善されたこともあり、これならミックスホストでも全然あり。むしろキャンペーンの有無と内容でミックスホストとカラフルボックスのどちらを選ぶか決めてもいいのでは、というぐらいの状況になりました。

そしてアダルトOKなレンタルサーバーの中では利用者が多いというのもメリットですね。
困った時に検索したらだいたい解決法が出てくるので心強いです。
加えてミックスホストはヘルプが充実しているのも良いところです。

契約プランについては、僕が使っているプランは3年前に契約したままの一番下のプラン、スタンダードプランですがこれでも十分です。

ただmixhostはキャンペーンで「プレミアムプラン以上が対象、大幅値引き」とかやっているのを度々見るので、そういった場合は上位プランのプレミアムを狙うとお得にハイスペックなサーバーが使えていいかもしれませんね。

最近のミックスホストは2ヶ月に1回ぐらいのペースで、DMMと共同でアダルト系アフィリエイトのオンラインセミナーを開催しています(これまで開催されていたものはミックスホスト利用者向けで参加費も無料)。今後も定期的な開催が予定されているそうなので、これからアフィリエイトを始めるって方にもとても参考になると思います。

2021年の今、3年前に抱えていた弱点を潰し、オンラインセミナーの積極的開催でブロガーの後押し、サーバースペックもより頑強になるなど、なかなか魅力的なレンタルサーバーに育ったなぁと思います。
僕が書いた3年前の記事は、一時期検索結果で公式の真下、2番目に掲載されていた時期も長かったのでこれらの改善に多少の影響力はあったんじゃないかなぁなんて思ったり。

2021年の現在、アダルト系ブログを考えているのならば、mixhostのチョイスでいいと思いますよ。

キャンペーン中:ミックスホスト
mixhostはDOMAIN FREE & HALF PRICEキャンペーンを実施中です。
独自ドメイン永久無料&プレミアムプラン以上なら月額料金が半額
長期契約ほどお得ですね。上位プランであるプレミアムがスタンダードプランとほぼ同じ料金で使えるのが魅力的です。
キャンペーン期限が不明なのでmixhost公式ページをよくご確認の上ご利用ください。

↑キャンペーンのリンク先はこちら

いつもだとアダルト専用サーバー「mixhost adult」でも同時にキャンペーンを実施しているのでアダルト専用を検討している方はこちらも確認してみてください。

↑アダルト専用サーバーはこちら

キャンペーン中:エックスサーバー

エックスサーバーは「30%キャッシュバック+初期費用0円+契約特典独自ドメイン永久無料」を実施中です。
12ヶ月以上の契約で30%キャッシュバック。長期契約ほどお得ですね。ブログ運営は長期に渡るものなのでこれは嬉しい。
そして独自ドメインが永久無料(取得費用も毎年の更新費用も0円)の契約特典も併用できるので今は特にオススメ。

さらに初心者に嬉しい『WordPressクイックスタート』機能があるので、ドメイン取得からWordPressのインストール、SSLの設定まで簡単に出来ます。
※申し込みページで「WordPressクイックスタートを利用する」のチェックを入れればOKです。

キャンペーン期限:2021年11月4日(木) 18時まで

↑キャンペーンのリンク先はこちら

エックスサーバーをレビュー エックスサーバー(Xserver)レビュー。5社使って比較・評価しました ロリポップ!WordPress使ってレビュー ロリポップ!レンタルサーバーをレビュー。実際に使って評価しました 使って評価。ColorfulBoxサーバーの実力をレビュー。評判の真偽は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です