(8/31まで)高価なキッチン用品が30日間試せる

mixhostのWordPressサイトをhttpからhttps(SSL)化する手順

mixhostは自動でhttps(SSL)に対応しているので、httpで運用しているサイトをhttps化しましょう。

まずは確認

ちゃんとhttpsでアクセス出来るのか、URLを変更して確認してみましょう。
新規ドメインでサイトを追加している場合は、mixhostの自動SSL設定完了まで、ネームサーバーの変更から最大24時間〜72時間かかります。
(僕の場合はネームサーバーの変更から27時間ほどしてから、SSL対応のメールが届きました)

URLが http://example.com ならば、ブラウザのURLバーに https://example.com と入力してちゃんとサイトが開くか確認してください。

アクセスできたら、下記に進みましょう。

WordPressの設定を変更

「設定」→「一般設定」から、「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」で http となっている所を https に変更します。

ページの一番下に「変更を保存」ボタンがあります。

WordPressの設定はこれで完了です。
次はhttpにアクセスしてきたユーザーがいたら、httpsにリダイレクトするように設定しましょう。

httpsへのリダイレクト設定

単純なリダイレクトであればcPanelのリダイレクト機能を使用するのが簡単です。

mixhostのcPanelを開き、「ドメイン」カテゴリから「リダイレクト」を選択します。

cPanel

「リダイレクトの追加」画面で以下の設定をします。

種類

永続(301)

https?://(www.)?

リダイレクトさせたいドメインを選択

空欄にしておきます。

リダイレクト先

httpsからURLを入力します。
URLが example.com ならば、 https://example.com と入力します。

www.リダイレクト:

「www. 付きまたは www. なしでリダイレクト」を選択します。

ワイルドカード リダイレクト

チェックを入れます。

これで完了です。
実際にURLバーに http からアクセスして https にリダイレクトされるか確認してみましょう。

無事にリダイレクトされていれば完了です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です