レンタルサーバー速度比較記事はこちら

ロリポップ!レンタルサーバーを契約しました。実際に使ってみてのWordPress使用感をレビュー

ロリポップは大企業GMOグループが提供するレンタルサーバーです。

2020年8月にロリポップ爆速宣言と称した大規模リニューアルが行われました。

このリニューアルはサーバースペック上昇に加えて契約する全プランの内容も大幅改修
特に料金面での訴求は強く、コスパ面で非常に優れたレンタルサーバーへと生まれ変わりました。

今までのロリポップ!といえば、大手GMOが運営しているレンタルサーバーでありながら目立った評判がない…どちらかというと遅いとかいまいちな評価の方が聞こえてくるため、「ブログ始めるからレンタルサーバー契約しよ」で候補にはなかなか上がってこない、情報も少ないレンタルサーバーでした。

今回の大規模リニューアルはスペックの高さと価格の安さから、大手の本気を感じさせるインパクトのあるものでした。

それならばと僕にとって5社目のレンタルサーバーを契約し試用してみました。
ロリポップレンタルサーバー、生まれ変わった実力や如何に。

ロリポップとは

ロリポップ!はレンタルサーバーサービスです。
レンタルサーバーの中では老舗といえるのではないでしょうか。

個人でWordPress(ワードプレス)を使ってブログ運営したい、WEBサイトを開設したい、独自ドメインを使いたい!って時にこういったレンタルサーバーを契約します。

運営会社は大手GMOグループ

運営会社はGMOペパボ。

展開しているサービスとしては、ロリポップというレンタルサーバーよりも、ドメイン販売サービスのムームードメインの方が有名かもしれません。

親会社は日本のインターネット界の巨人GMOなので安心安全の大企業ですね。

レンタルサーバーって意外と中小企業が運営しているところが多いので、大手の安心感が欲しい方には有力な候補になるのではないでしょうか。

ロリポップ爆速宣言って何?

ロリポップ!を試してみようという気になったきっかけがこの「爆速宣言」です。

全プランでハードウェア刷新、価格の見直しが行われました。

そのおかげで処理速度は倍以上になったり、サーバー容量もアップしたり、それでいて値段は安く、とユーザーにとってはいい事づくしの全面リニューアル。

特にスタンダード以下の下位プランで使用されていたHDD(ハードディスク)が高速なSSDに変更になったのはとても影響が大きいです。

価格の面の見直しも大きくて、特にハイスピードプランは3年契約の場合、従来は月額1,000円だったのが半額の500円にまでなっています。それでいてハードウェアの性能はアップしているのだから凄いことです。

プランとスペックをチェック

ロリポップにあるプランは5種類です。

  1. エコノミー
  2. ライト
  3. スタンダード
  4. ハイスピード
  5. エンタープライズ

エコノミーはWordPress(ワードプレス)の使用が出来ません。

この記事を見ている方はWordPressでブログを始めたいと思っている方でしょうから、エコノミーのことは忘れましょう。

一番上のエンタープライズに関しては1日のアクセスが何万とある大人気ブロガーになってから検討すればいいことなので、これまた外してOK。(ロリポップは上位プランへの変更はいつでも出来ます)

ということで検討、比較するのはライトスタンダードハイスピードの3つから。

スペックは列挙すれば色々あるのですが、大事な部分だけを抜き出してまとめました。
※スマホで見ている方は表を指で横にスクロールして見ることができます。

ライト スタンダード ハイスピード
ディスク容量 100GB 150GB 250GB
WordPress速度 普通 高速 最高速
独自ドメイン数 100 200 無制限
MySQL数 1 50 無制限
メールサポート
チャットサポート
電話サポート ×
自動バックアップ × ×
月額料金
※1年契約時
250円 500円 750円
月額料金
※3年契約時
250円 500円 500円

僕が選んだプラン

今回僕が契約したプランは「ハイスピード」プランです。

ハイスピードプランにした決め手

  • 自動バックアップ標準搭載(スタンダードプランには無い。有料オプションとして存在)
  • 3年契約ならスタンダードプランと変わらない金額になる驚異の割引率
  • ディスク容量もスタンダードより100GBも多い。
  • それでいて高速サーバー。
    WordPressの速度が最上級プランのエンタープライズと同等

僕の場合、最初からライトプランは候補から外していました。
ブログ運営はちょっとアクセスが集まり始めると、すぐに表示速度が気になりだします。
さらに言うと記事を書くときや、WordPressの設定、更新、プラグインのインストールなどなど…、遅い動作というのはブログ運営のモチベーションを地味に削っていきます。

ライトプランはMySQLが一つしか用意できないのもネックです。
複数のWordPressを運営しようと思ったら全て同じデータベースに格納することになってしまうので、あまり管理上よろしくないです。
※WordPressは文書や画像をデータベース(MySQL)に保存します。データベースが一つというのは、別々のブログの文書、画像を全て一つのフォルダに入れて管理しているようなもの、と言えばイメージしやすいでしょうか。

なので検討するのはスタンダード以上。
そして3年契約ならハイスピードはスタンダード同じ金額…という上記に上げたメリットからハイスピードプランに決定です。

ロリポップも「ハイスピードプラン」を強く売り出しているみたいですし、そしてこれから述べていきますが「ハイスピード」の名は伊達ではなかった…「ハイスピード最高!」って感じになってます。

他社とスペックを比較

僕が契約している他のレンタルサーバーともスペックの比較をしてみましょう。

実際に僕が今でも使用しているエックスサーバー、ミックスホスト、カラフルボックスと比較します。

それぞれの契約プランは下記の通り

ロリポップ!はハイスピードプラン(1年契約だと750円/月、3年契約は500円/月)

エックスサーバーはX10プラン(1年契約だと1,000円/月、3年契約は900円/月)

mixhostはスタンダードプラン(1年契約だと980円/月、3年契約は880円/月)

カラフルボックスはBOX2プラン(1年契約だと1,060円/月、3年契約は880円/月)

スペックは書き連ねれば色々あるのですが大事な部分だけを抜粋しています。
※スマホで見ている方は表を指で横にスクロールして見ることができます。

ロリポップ
(ハイスピード)
エックスサーバー
(X10)
ミックスホスト
(スタンダード)
カラフルボックス
(BOX2)
ディスク容量 250GB 200GB 250GB 250GB
SSLの無料発行
独自ドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 無制限 無制限 無制限 無制限
自動バックアップ 7日間 WEB領域7日間
MySQL14日間
14日間 14日間
電話サポート × × ×
初期費用 無料 3,000円 無料 無料
※3ヶ月以上の契約時
月額料金
※1年契約時
750円 1,000円 980円 1,060円
月額料金
※3年契約時
500円 900円 880円 880円
お試し期間 10日間 10日間 30日間返金保証 30日間
アダルトサイト 不可 不可 アダルト専用プランなら可

※2020年11月18日時点のスペックです。

ロリポップを使ってみての感想

正直、速度にびっくりしました。すごいキビキビ動いてくれて快適です。

レンタルサーバーの速度比較用にサンプルサイトを作っているのですが、独自ドメインを取って、そこにサブドメインを2つ。計3つのWordPressによるブログを作ったのですが、すっごく早くて快適です。

定番5社を比較。WordPress におすすめの レンタルサーバー 。実際にサイトを作って 速度比較 してみました。

速度測定用なので超巨大な画像ファイルをアップしているのですが、それが速攻表示されます。

さらに言うと写真のアップロード(画像をレンタルサーバーに上げる)時に、他のレンタルサーバーだと例外なくスムーズに行かなかったんです。
容量が大きすぎてPHPファイルをいじってファイル上限を増やしたり…それでも駄目で他にも色々いじってみたり、とか。
それがロリポップは一切無かったです。ほんとスムーズにできた。ちなみにデフォルトの単体のファイル上限は150メガになってたので余裕でしたね(笑)。

他にも言うと、WordPressってプラグインを管理画面からダウンロードしたり、WordPress本体のアップデート、テーマの更新などなど出来るのですが、その更新処理も速いです。
だいたいエックスサーバーとカラフルボックスが同じぐらいの速度で僕にとってこれが普通の速度という認識でした。ミックスホストはすごく遅い。止まってるんじゃないかと誤解しちゃうぐらい。
ロリポップはとても速い。エックスサーバーの半分ぐらいの待ち時間で終わる印象。これでいて月額料金も一番安いのだから「ロリポップってすげー」って思います。

今はエックスサーバーをメインとして使っていて複数のブログを運営しています。
嬉しいことにアクセスが多いブログもあって、今後さらにブログ、サイトを増やす場合どうしようかなと思っていたのです。

エックスサーバーを上位プランにするか、それともミックスホストかカラフルボックスに作るか、でもその2つはアダルトもOKなサーバーだから「うーん…」という感じだったのです。

そこにきてロリポップ!の驚愕のキビキビレスポンス。これはもう新しいサイト作るならロリポップで決まりです。

ロリポップはアダルトサイト不可

アダルトサイトの運営は禁止

上で少しアダルトサイトについて触れたので、ここで改めて。

ブログ運営にあたって、アダルトサイトの運営も視野に入れている方もいるかと思います。
今は運営しなくても、将来的にその可能性も…と考慮に入れている方もいるのでは?

ロリポップはアダルトサイト、出会い系サイトの運営は規約でNGになっています。

アダルトサイトの運営を視野に入れている方はmixhostカラフルボックス(アダルト専用プラン)を選ぶ必要が出てきます。※エックスサーバーもアダルトNGです。

レンタルサーバーは一つ契約すれば複数のブログを運営出来るので、一つのレンタルサーバーで何でもかんでも済ませたいと思ってしまいます。
僕としてはアダルトサイトと健全なサイトは別々のレンタルサーバーに分けて運営するのがベストだと思っています。

アダルトサイトは極端に多いアクセスを呼び込んだり、攻撃を受けたりと、トラブルが発生しやすいジャンルでもあるんです。

アダルトサイトの特徴として、

  • うまく行けば大量のアクセスが集まりやすい
    →アクセス過多によるサーバーの遅延。同じレンタルサーバーで運営している他ブログまで動作が遅くなります。クリックしてもなかなか次のページが表示してくれなかったり。
    最悪、アクセス過多によってサーバーが落ちたり、アクセス不能になる懸念も。
  • 攻撃を受けやすい
    →アダルトサイトは攻撃の対象になりやすいジャンルでもあります。
    サーバーが攻撃されれば当然一緒に運営している他ブログもアクセスできなくなったり、動作が遅くなったりという懸念があります。
  • 初期ドメインでサイト一覧がバレる
    レンタルサーバー会社と契約すると初期ドメインというのがもらえます。
    この初期ドメインにアクセスすると、ミックスホストとカラフルボックス(初期の頃。現在は改善)はファイルツリーの一覧が丸見えになっています。このファイルツリーというのを見ることで、あなたがレンタルサーバーで運営しているサイトの一覧がわかってしまいます。
    健全なサイトを運営している貴方が、アダルトサイトも運営している…ということがバレてしまうわけです。
    もちろんそれが表示されないように設定できるのですが、それがわからないのが初心者だったりするので。
    ※ちなみにロリポップは初期ドメインにアクセスしてもファイルツリーは表示されません。アダルトNGなのでそもそも心配する必要はないですが。
    ファイルツリー丸見えについては下記の記事の方で詳しく解説しています。
    mixhostを1ヶ月試用したら注意点がポロポロ出てきた。初心者にオススメするならエックスサーバーかなと思った。そんな話。
  • 不意の身バレが怖い
    過去にミックスホストはPHPファイル(WordPressのプログラムが書かれています。ブログの設計図ともいえますね)の中身が丸見えになるという障害を起こしたことがあります。
    「えっ、そんな障害ありえるの?」みたいな事件が発生しうるわけで…。
    ひょんなことからの身バレを防止する意味でも、アダルトと健全なサイトは別々のレンタルサーバーで運営するのがいいかなと思います。

以上のことから、当サイトでは健全なサイトとアダルトを別々のレンタルサーバーに分ける二刀流をお勧めしています。

逆に言えば、アダルトの運営予定が無い方は、ロリポップがアダルトNGにしているのは朗報と言えます。
というのも、こういったレンタルサーバーは複数のユーザーが同じサーバーを共有する仕組みになっています。

自分はアダルトを運営していなくても、共有している別のユーザーがアダルト運営していて、アクセス過多の遅延被害に巻き込まれるケースもあるんです。

規約でNGということは、そういった被害が未然に防げている、心配する必要がないということになります。

ここにも注目。ロリポップの地味なメリット

電話サポートあり

スタンダード、ハイスピードプランなら電話サポートがあります。

意外とこれ珍しいんです。
電話サポートは高額プランから、お手頃なプランはメールとチャットのみ、といったところばかり。

これからブログを始めよう、WordPressを使うのは初めて、といった初心者に電話サポートが使えるのは非常に心強いと思います。

キャッシュによる高速化が提供されている

WordPressの高速化はブログ運営が順調であるほど、気になってくるポイントです。

ロリポップの場合、「ロリポップ!アクセラレータ」というサーバー側のキャッシュによる高速化機能が提供されています。

WordPressの高速化といえばキャッシュプラグインを使うことになるのですが、これがなかなか上級者向け。
キャッシュプラグインはなにかとWordPressのトラブルの原因にもなりやすいです。

それがロリポップ!であれば、サーバー側でキャッシュによる高速化を用意してくれているのでキャッシュプラグインに頭を悩ませることが無くなります。

これは標準でオンになっているので初心者の方でも特に意識する必要なく高速化の恩恵を受けれます。

補足
ロリポップでWordPressを運営するならキャッシュプラグインは不要です。
むしろキャッシュプラグインも使用してしまうと、ロリポップアクセラレータとキャッシュプラグインがかち合って悪さを引き起こします。
ロリポップアクセラレータだけを使いましょう。

独自ドメインが無料で1個貰える。

他のレンタルサーバー会社だとキャンペーンで独自ドメインのプレゼントをしていたりします。

ロリポップ!の場合、常時サービスとして下記の条件を満たした方に独自ドメインのプレゼントをしています。
いつ始まるかもわからないキャンペーンを待つ必要が無いのがいいですね。

  • ライト、スタンダード、ハイスピード、エンタープライズのいずれかのプランで契約
  • 12か月以上の契約期間での契約
  • 自動更新の設定

WordPressでブログを始めるのならば必然的にライト以上のプランなので問題なし。

ブログ運営は長期に渡るものなので12ヶ月以上の契約も気にするものではないですね。そして長期契約ほど月額料金も安くなりますし。

自動更新は契約期間が近づいたら、自動的に契約を更新されるというものですね。これはむしろ便利なのでは?契約更新を忘れてブログがいつの間にか閉鎖しちゃってた、みたいな事故が無くなります。

ということで、どれもこれも特段難しい条件ではないので、無料で独自ドメインをもらっちゃいましょう。

ここで貰える独自ドメインは購入費用が無料なだけでなく、毎年発生する更新費用もずっと無料になるのが非常に嬉しいポイントです。
※通常、独自ドメインは購入費用に加えて毎年の更新費用も発生します。例えば人気の .com ドメインなんかは購入費用が1,000円前後、1年毎の更新費用が1,400円前後、が多いかな?ドメイン販売業者によってまちまちです。それがずっと無料です。

注意
  1. ロリポップ!申込み(お試し期間開始)から6日以内に、自動更新の設定を完了する必要があります。
  2. ロリポップ!申込み(お試し期間開始)から7日後に入金処理が自動で行われ、ロリポップ!からムームードメインのクーポンコードをメールで送られてきます。

最短で独自ドメインをクーポンで貰えるのは新規申し込みから7日後です。
ここは残念。レンタルサーバーを契約したら、すぐに独自ドメインでブログを作りたいのに。

待てない方はムームードメインなどで、サクッと独自ドメインを購入しちゃうのもありかもしれません。

複数ブログを運営するつもりなら、キャンペーンで貰える無料ドメインは2つめのサイトに当てるのがいいです。
クーポンが届くのを一週間待って、その間ブログの下書きをしておくのもいいかもしれませんね。

クーポンコードには期限があります。僕の場合、クーポンが届いてから使用期限が3週間後まででした。

参考までに僕の申込みから、クーポンが届くまでの過程を列挙します。

  1. 10月27日にロリポップのハイスピードプランを自動更新、36ヶ月契約で新規申し込みしました。
  2. 11月3日に契約更新のメールが届きました。(要はクレジットカードでサーバー費用が決済された)
  3. 11月3日、同日に独自ドメインが無料で貰えるクーポンがメールで届きました。
    このクーポンの利用期限は11月24日まででした。

クーポンが届いてから期限は3週間後まで。レンタルサーバー申し込みから数えればちょうど4週間ですね。

まとめ

お勧めはハイスピードプランです。(僕が契約してるのもハイスピード)
「ハイスピードプラン」の名は伊達ではないですね。とてもキビキビ、サクサク動いてくれて快適です。

使い始めて、大きく実感したのが圧倒的コスパ。
3年契約した場合、上位プランでありながら、下位プランのスタンダードと同じ料金で使えるのが大きいです。

月額千円(1年契約の場合)が多いレンタルサーバーの中、大手でありながら月額750円(1年契約時)。
3年契約なら月額500円なのだから料金の安さは他社よりも飛び抜けてます。
僕がメインで使用しているエックスサーバー(X10プラン)は1年契約で月額千円なので、わずか半額ということになります。

ブログ運営は1年2年、と長期に渡るものなので長期契約は全くデメリットになりません。
3年契約した時の割引率があまりにも良かったので、僕はロリポップは36ヶ月(3年)契約で申し込んでいます。

3年契約時の各社の月額料金

それにハイスピードプランであれば自動バックアップ機能も付いているので、オプションでも存在している自動バックアップを別途契約する必要性は下がります。(僕はオプションの方は契約してません)

自動バックアップの違い

ロリポップはハイスピード、エンタープライズであれば自動バックアップが標準提供されています。
それに加えて別途申し込みが必要なオプションによる「バックアップオプション」も存在します。

これは何が違うのか、実際にサポートに問い合わせました。

  • ハイスピードに標準提供されている自動バックアップ
    月額使用料は無料
    バックアップの自動取得
    毎日バックアップ
    最大7日分保存
    バックアップの復元には手数料が必要。(復元手数料:11,000円)
  • 別途申し込みが必要な「バックアップオプション」
    1ヶ月契約:300円/月
    データの復旧が自分で出来る
    データは安全なバックアップ専用サーバーに自動保存
    ユーザー側で自動バックアップを行う頻度、時刻の設定が可能
    過去7回分のデータをいつでもダウンロードできる

僕としては標準提供の自動バックアップで十分なものだと思っています。
これでも不安な方はBackWPupプラグインなどを併用すれば万全と言えるのでは?

このサイト(pera-lab.com)はエックスサーバーで運営していますし、僕がメインで使用しているのもエックスサーバーで複数のサイトを運営しています。

僕がWordPressでブログを始めたいと思ったときに個人ブログの定番として君臨していたのがエックスサーバー(今も、ですね)だったので、それほど迷いなく契約して結果正解だったと思います。

全サイト合計でそれなりのアクセスがありますが、サイトの表示が遅れることもなく安定しているのでエックスサーバーからの移転はあまり考えていません。

ロリポップレンタルサーバーも老舗なのですが、当時の評判はあまりよろしくなかったようです。

最近になって「爆速宣言」のもとプランのリニューアルやスペックの向上などもあり、注目できるレンタルサーバーになったかなと思います。

ただし、プランもスペックもリニューアルしたばかりということもあって、安定性も実力もまだ未知数。

ファーストインプレッションとしては予想以上の好感触ですが、これがずっと続いてくれるのか、障害も起きずに安定運用していけるのか、こればかりは時間をかけて見ていく必要があります。

今の好感触のままの性能を維持してくれるのであればコスパの高さはすごいです。3年契約時の月額500円はエグい。

サポートもスタンダードプラン以上なら電話サポート、24時間365日あるのも安心なところ。

そしてずっとタダで使える独自ドメインが貰えるのもいいですね。WordPressでブログ運営をと考えている人は独自ドメインを見据えている人がほとんどでしょうし。

WordPressの簡単インストールに、無料SSLの簡単設定、初心者にとって大事な部分がちゃんと抑えてあります

そしてアダルトサイトNGだからこその安全な運営もポイントですね。

大企業にこんなコスパに優れたレンタルサーバーを出されると他社はこれから大変でしょうねぇ…。

ここであえて結論を述べるのであれば…、
定番としての安定安心を求めるのであればエックスサーバー
大手への期待と圧倒的なコスパを求めるのであればロリポップ!
WordPressの速度を求める場合もロリポップ!
アダルト運営は、mixhostカラフルボックス(アダルト専用プラン)。
という感じになりますね。

キャンペーン中
ロリポップ!は19周年キャンペーンを実施中です。
契約期間1年間延長クーポンプレゼント

スタンダード以上のプランで12ヶ月以上を契約すると丸々1年分追加されるというものです。
例えばハイスピードプランを12ヶ月契約した場合、月額750円×12ヶ月で合計9,000円で1年間利用出来るのですが、これが9,000円で2年間利用出来ることになります。

キャンペーン期限までに入金した方が対象なので期日には余裕を持って契約するのが吉です。
キャンペーン期限:2020年12月10日(木)23時59分まで

もちろん「ドメインずっと無料」サービスと併用できるので、独自ドメインも一緒にもらっちゃいましょう。

↑キャンペーンのリンク先はこちら

ロリポップ WordPress 独自ドメイン SSL化設定 全手順 ロリポップ!で新規申し込みから独自ドメイン、WordPress、SSL化までの設定全手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です