音楽聴き放題 30日間無料体験

BT-W2 レビュー 開封&AirPodsと接続

BT-W2

パソコンでAirPodsを使いたかったのでBluetoothアダプタを買いました。
購入したのはCreativeのBT-W2という製品。

この製品はちょっと変わっていて、正確には USBオーディオ + オーディオ専用Bluetooth という形になっています。
パソコンやPS4などに接続するとUSBオーディオとして認識します。
そして入力されたサウンドをBT-W2側で解釈してBluetoothとして出力しているようです。

メリットとして、USBオーディオには対応しているけど、Bluetoothアダプタは刺しても使えないよ、という機器(一部テレビやPS4など)でBluetoothイヤホンが使えるようになります。
あとはオーディオ専用に設計にされているので高音質や低遅延コーデックに色々と対応している、というのがあります。

デメリットはオーディオ以外のBluetooth機器(マウスやキーボード)は接続出来ないというのがあります。

僕は主にパソコンで使用しますが、たまにPS4やニンテンドースイッチでもAirPodsを使いたいなと思うときがあったので、BT-W2を買いました。

BT-W2 開封

たくさんの冊子と乾燥剤が入ってます。
色んな注意事項が書かれているっぽいですが、そもそも日本語じゃないのですぐさまゴミ箱行きです。
使うのは上の画像で矢印で示したクイックスタートガイドぐらい。

なんとなくジョイコンとパチリ。

パソコンと接続

パソコンのUSBポートにぶっ刺します。

初めてパソコンに接続した時は、自動的にセットアップが始まります。
別途ドライバなどは不要。標準ドライバで動くのでデバイスの準備が出来るまで待機。

初期ボリュームに注意

初めて接続した時はボリュームが100(最大)になっているので注意!
音楽を流す前にボリュームを下げましょう。

BT-W2とAirPodsをペアリング

電源が入ったパソコンに接続した状態で、上部にあるポッチを3~4秒押し続けます。

そうすると側面の青いランプがチカチカと点滅しだします。
これでBT-W2がペアリングモードになりました。

次はAirPodsをペアリングモードにします。
AirPodsをケースに収めた状態で蓋を開けます。

ケースの裏側にボタンがあるので、これを長押しします。

そうするとステータスランプが真っ白に点灯します。
これでペアリングモードになりました。

BT-W2とAirPodsを近づければ、ペアリング完了です。
正常にペアリングができれば、ステータスランプが緑色に変わります。

これでもうAirPodsから音楽が流れます。
耳にかけて再生してみましょう。

BT-W2とAirPodsの注意点

iPhoneとAirPodsを接続している時は、耳から外せば音楽が止まりますが、BT-W2と接続している時は耳から外しても再生は止まりません。
耳から外しても音楽は流れっぱなし。ケースにしまえばAirPods側の電源は切れます。

BT-W2に電源が入っている間(パソコンやPS4などに刺している状態)はペアリングした機器と強引に繋げてきます。
先にiPhoneとAirPodsで音楽を聴いている時に、後からBT-W2をパソコンに刺すと…BT-W2がAirPodsに繋げてくるのでiPhoneとの接続は切れ、パソコンのサウンドがAirPodsから再生されます。
つまりiPhoneでAirPodsを使って音楽を聴こうと思ったら、パソコンからBT-W2を引っこ抜いておかないと駄目です。

BT-W2をパソコンから引っこ抜いて、再度AirPodsとiPhoneを接続する場合は、iPhoneで音楽の出力先を変更すればOKです。
コントロールセンターを開いて、ミュージックの右上隅あたりをタップ。

AirPodsをタップで完了です。

パソコンでサウンド出力先を変更

僕はUSBスピーカー(JBL Pebbles)もパソコンに接続しています。

BT-W2とPebbles、両方をパソコンに接続している場合はサウンド設定から出力先を変更できます。

タスクバーにあるサウンドアイコンをクリック

出力先が表示されているので、その文字をクリック。

サウンドの出力先一覧が表示されるので、サウンドを鳴らしたい機器を選びます。

こんな感じに切り替わりました。

ボリュームはスピーカーごとに管理されています。

最後に

まだ買ったばかりですが、予想よりもいい音で鳴ってくれるし、隣の部屋でも接続が切れることもないので満足しています。
遅延もNetflixとYoutubeを見ているぶんには感じませんでした。

サウンド用にBluetoothアダプタを探しているなら、お勧めできる製品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です