レンタルサーバー速度比較記事はこちら

本の要約アプリ flier(フライヤー)が実用的で面白かったのでレビュー。アプリの評判も上々で使いやすい

AppStoreの「今日のアプリ」かなんかで見かけて、やけに評判がいいなぁと気になって使い始めたサービス。
これが期待以上に良かったのでご紹介。

flier(フライヤー)は本の要約サービスです。

 

本を一冊読むのに数時間はかかるものですが、flierはライターが要約したものを読むことが出来ます。
そのおかげで、一冊10分程度でだいたいの概要を掴むことができ、効率よく多くの書籍に触れられます。

要約から興味を持ったら、AmazonなどのECサイトへのリンクも用意されています。

誰が要約しているのか?

気になるのは要約のクオリティです。
匿名の誰か、が要約しているようだと、その要約で正しいのか?ちゃんと本が伝えたかったことを要約出来ているのか?という不安があります。

■高い品質にこだわった要約!
経営コンサルタントや各分野の専門家が一冊一冊を精読し、要約を作成しています。社内外に何重ものチェック体制を設け、高い品質にこだわっています。
flier - サービス紹介

flierでは書籍ごとに要約したライターの名前、経歴を出していますし、顔写真を載せている方も多いです。ライターさんによっては自身のWEBサイトまで載せている方も。
これならば匿名レビューよりもずっと質が担保されていると言えそうです。


ライター詳細のリンクから経歴が見れます

書籍の量は?

要約されている書籍の数は2019年6月24日時点で1,788冊。
1日1冊ずつ追加されていってます。

本を探す手間がない

トップページの顔ぶれが日々新しい

どの本の要約を読もうかな~と頭を悩ませる必要がありません。
「今週の要約ランキング」や「最新の要約(毎日変わる)」で、何かしら目を引くのが見つかります。
毎日、書籍が追加されるから顔ぶれがどんどん変わっていくのも見ていて楽しいです。
それに要約は10分ほどで読み終わるので、少し興味を引いただけの書籍でもパッと手に取りやすいのがいい。

特集記事がたくさんある

  • 気軽に読めて、しかもモチベーションが湧いてくる本
  • 【五月病予防】やる気を取り戻すための本5冊
  • 社会人Lv.2になるための5冊
  • 心を整えるために手に取りたい5冊

こんな感じの特集記事が大量にあります。
※2019年6月24日時点で184記事。

特集記事をぼーっと眺めているだけで、読みたい書籍が増えていきます。

技術書は無い

プログラミングの技術書はあるかな?って探しましたが、さすがに無かったですね。
技術書の要約はそりゃ無理か。

技術書そのものは無かったのですが、コンピュータ関係であっても読み物系は揃ってます。

料金は?

プラン フリー シルバー ゴールド
価格 無料 500円/月
(税抜)
2,000円/月
(税抜)
閲覧可能数 無料用の固定20冊
(月2冊変更)
無料用の固定20冊

有料コンテンツから5冊まで
無制限
追加コンテンツ数 毎月30冊前後のオススメ書籍を追加

無料でどこまで読める?

【無料】にカテゴライズされている固定の本が20冊用意されています。
(毎月1~2冊の入れ替わりはあるようです)
来月になってもほとんどラインナップが変わらないので、flier(フライヤー)というサービスの体験版みたいなものですね。

選ぶべきプラン

ゴールドプラン一択です。
月額2,000円しますが、本を一冊買ったつもりでゴールドプランで1ヶ月読みまくってみるのがお勧めです。

シルバープランは月額500円と安いとはいえ、有料コンテンツは月5冊までしか読めないのが痛すぎます。
どの書籍の要約を読むか吟味しだしたら、このサービスの真価が見えなくなります。

興味があってもなくても、つまみ食いの如く読みまくれるのがこのサービスの真骨頂です。

対応端末

  • パソコン(WEBブラウザ)
  • iPhone
  • iPad
  • Android

Android以外は持っているので、それぞれで見てみましたが、どれも見やすいですね。
快適です。

複数端末の利用

ひとつのアカウントで、同時使用、同時ログインも問題なしでした。
もちろんお気に入りや読了の状態も同期してくれます。

オフラインだと見れません

ここは注意点ですね。
インターネットに繋がっていないとアプリを開いてもエラーになって読めませんでした。
下の画像は、機内モードにしてiPhoneでflierアプリを起動した画面です。

画像の「閉じる」をタップしても、真っ白なトップページが表示されるだけです。

ページ送りがわかりづらい

パソコン(WEBブラウザ)だと、下にスクロールしていくだけで全文読めるのですが、iPhoneアプリの場合は左にスワイプしてページをめくっていきます。
左スワイプに気づかなくって、戸惑ったので載せておきます。

iPhoneアプリは左スワイプでめくる

音声で読み上げてくれる

音声の読み上げ機能も付いています。

15秒スキップ、再生速度の変更など、基本的な機能はついてます。

パソコンの場合

iPhoneアプリの場合

文字を読むことすらダルい…なんて時でもとりあえず再生しておくと意外と頭に入ってきます。
入らなかったら後で読めばいいし。

音声読み上げの場合、だいたい15~17分ぐらいで1冊終わります。

音声はSiri(シリ)のような機械音声です。
ちゃんと聞き取れる発音なので問題無い感じです。
機械音声のおかげで、すべての書籍(たぶん)が音声化されていますしね。
※最新の要約、最も古い要約、など数十冊見ていますが全て音声化されていました。

iPhoneアプリの場合、連続再生を設定しておくことで次々と書籍を読み上げていってくれます。
スマホを取り出すことも難しいぐらいのラッシュ通勤時だったり、車通勤、入浴中に再生しといたり…など利用できるシーンが広がります。

コメント機能が便利

書籍ごとにコメントを投稿することが出来ます。
「コメント」という表現が紛らわしいですが、これは自分用のメモであり他ユーザーに公開されるものではありません。
※サポートに確認済み

カテゴリーも充実

  • スキルアップ・キャリア
  • 自己啓発・マインド
  • 生産性・時間管理
  • リーダーシップ・マネジメント
  • 経営戦略
  • 起業・イノベーション
  • 人事
  • マーケティング
  • 産業・業界
  • グローバル
  • 政治・経済
  • ファイナンス
  • テクノロジー・IT
  • サイエンス
  • リベラルアーツ
  • 健康・フィットネス
  • トレンド

最後に

まとめサイトやTwitterの駄文タイムライン見てるぐらいなら、こっちのほうがずっと有益だなぁと思いました。

書籍によっては要約が出来のいい読書メモみたいになっていて、これもう書籍買わなくていいレベルでは…と思うのもチラホラ。

気にはなるんだけど、買うほどではないんだよなぁ…という本にもピッタリです。

flier(フライヤー)は一冊10分で読み終わるからこそ、普段は手に取らない興味の薄いジャンルにも目を向けやすくなるってのもいいですね。
意外な掘り出し物と出会えます。

読書家だけでなく、本を読む習慣が無い方にもお勧め。
1日のうちたった10分で、一冊の書籍のだいたいがわかっちゃうという体験はなかなか面白いと思います。

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ 〜 1冊10分。スキマ時間で読める“インプット最速ツール”

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ 〜 1冊10分。スキマ時間で読める“インプット最速ツール”

Flier Inc.無料posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です