Amazon Music Unlimited 3か月99円で音楽聴き放題

独自ドメイン購入業者を比較。利用して独断と偏見で評価してみました。

独自ドメインを購入はどこがいいのか?評判がいいところはどこでしょうか?
そんな好奇心から僕は3つのドメイン販売サービスを利用しました。
お名前.com、ムームードメイン、エックスドメイン。
購入場所を迷っている方にとって少しでも参考になればと思い、個人的な使用感を書き連ねていきたいと思います。

購入時の注意点

業者を選ぶにあたって、Whois代理公開の有無はよく確認しておきましょう。
無料のところもあれば有料のところもあります。

Whoisとは

誰でも自由にドメイン名から管理者(ドメイン所持者)の情報を検索できるサービスです。
検索できる情報には氏名や住所なども含まれています
企業サイトの場合、公開される情報も企業名、会社の住所となるので問題ないでしょうが、個人サイトの場合、自分の氏名、住所がネットに公開されることになってしまいます。
そのためドメイン取得サービスでは、WHOISの情報を代理公開してくれるオプションがついています。
「WHOIS代理公開サービス」のチェックを入れておくことで、ドメイン販売業者の企業名、住所で代理登録してくれるので、自分の個人情報がネットに載ることを防げます。

そして、購入価格だけでなく1年毎のドメイン更新価格もチェックする必要があります。
購入価格は99円なのに、年間の更新費用は2,980円なんて高額のドメインもあったりします。

では、僕が利用したサービスを順番にご紹介。

お名前.com

日本最大のドメイン販売業者です。
そのおかげで困ったときに検索して出てくる情報も一番多いです。
初心者ならここを選んでおけば間違いない…と言えないのが残念なところ。

お名前.comのいまいちな所

Whois代理公開うっかり有料になっちゃう問題

ドメインの新規購入時にWhois代理公開のチェックを入れておけば、ずっと無料で代理公開してくれます。
しかしチェックを入れ忘れた場合、後から気づいて代理公開オプションを申し込むと年間980円の費用がかかるようになってしまいます。
ムームードメイン、エックスドメインがWhois代理公開は無料なのに対して、お名前.comはうっかり間違えると有料になってしまうのがイヤですね。

宣伝メール多すぎ問題

宣伝メールがいっぱい届きます。1日に何通も…。
.netも買いませんか?このドメインが今なら安い!以前検索した○○買い忘れてませんか?
スパムかって思うぐらい、いっぱい来ます…。
設定で配信停止に出来るので、なんとか許せますが。

管理画面や購入画面ころころ変わりすぎ問題

最近は落ち着いてきた気がします。
僕が使い始めた頃は管理画面も購入画面もころころ変わって、あのメニューどこいった?みたいな迷子になることも。
使い方を紹介しているサイトに載っているスクリーンショットと、画面構成が違うことも多く、よく困ったものです。

オススメしつこい問題

ドメイン管理画面に入るたびに、ドメイン更新の手続きを勧めてくるのも鬱陶しいです。
ほかに有料のオプションもでかでかとあったり、とにかく売り込みが多くストレスがたまる作りになっているという印象。

お名前.comの良いところ

大企業GMOが運営しているため、「ドメイン管理会社が倒産したら…?」なんて心配がほぼ無いです。

検索して出てくる情報が一番多い(ような気がする)。

多用なオプションもちゃんと把握して、使っていくつもりなら便利(たぶん)。

上位レジストラでありレジストリでもある。(サイト運営にはほぼ関係ないですが)

珍しいドメインの販売もしています。
550種類以上のドメインを扱っていて、「.gift」「.photography」など見慣れないドメインも購入できます。

参考 ドメインの種類と料金お名前.com

ムームードメイン

お名前.comと並んでよく使われている販売業者だと思います。
今年(2018年)のはじめ頃までは簡素すぎていつの時代のサイトだ?って感じだったのですが、サイトがリニューアルされて今風な外観になりました。

MuuMuuDomainリニューアル前

MuuMuuDomainリニューアル後

ムームードメインの良いところ

管理画面がシンプルでわかりやすい。
サイドバーにスッキリとまとまっていて見やすいです。
使うメニューも一番上にある「ドメイン操作」と「お支払い方法」ぐらいですしね。

運営会社はGMOペパボ。お名前.comと同じく大企業GMOグループなのも安心です。
もともとは別会社だったのですが、GMOから出資を受けてグループ企業になっています。
お名前.comと違って宣伝メールも来ないし、Whois代理公開も無料です。

ムームードメインはお名前.comからドメインを調達しているのもあって、お名前.comで取り扱っている珍しいドメインをムームードメインから購入することもできます。

ムームードメインのいまいちな所

シンプルにまとまっているので、不満点もほぼ無いですね。
あえて言うなら、お名前.comはしょっちゅうセールをしているのに対し、ムームーはセールらしいものは見たことがないので、初年度の費用はお名前.comのほうが安くなることが多いですね。

参考 価格一覧MuuMuuDomain

エックスドメイン

ブロガーに大人気のレンタルサーバー「エックスサーバー株式会社」のドメイン販売サービスです。
ちなみに当ブログもエックスサーバー を使用しています。

レンタルサーバーとしての「エックスサーバー」と、ドメイン販売のための「エックスドメイン」は同じ会社のサービスですが、それぞれ会員登録が必要になるのが注意です。
さらに紛らわしいのですがレンタルサーバーの「エックスサーバー」内でもドメイン購入ができます。しかしエックスドメインより若干割高になってしまいます。
レンタルサーバー、ドメインをまとめて一つのサービスとして管理したい場合は、エックスサーバー内でドメイン購入するのもいいと思いますが、ドメインを複数購入すると年間費用の差もそれなりに大きくなってきます。
レンタルサーバーとしてエックスサーバーを使う場合であっても、ドメイン購入はエックスドメインから購入という形がいいと思います。
もちろんエックスドメインで購入したドメインは、エックスサーバー以外のレンタルサーバーでも使用できます。
※2018年12月17日にエックスサーバーと統合が予定されているので、今後さらに使いやすくなると思われます。

エックスドメインの良いところ

管理画面が使いやすいです。ムームードメイン同様、サイドバーにまとまってスッキリしてます。
余計なオプションも主張しすぎずこそっとしているのも好感触です。

Xdomain

エックスサーバーを使用しているのであれば、ネームサーバーの設定がプルダウンメニューから選ぶだけで済みます。
ネームサーバーの設定自体わかっていれば大したことではないのですが。

気になるWhois代理公開についても無料サービスとなっているのも嬉しいところ。

ドメインの更新費用もお名前.com、ムームードメインに比べて割安になっています。(2018/11時点)

参考 ドメイン価格一覧Xdomain

エックスドメインの上位レジストラ(ドメイン調達先)はネットオウル社です。
ネットオウル社のドメイン管理数は、GMOに及びませんが国内2位となっています。
そしてネットオウル社はエックスサーバーの関連会社となっています。ドメイン調達販売が関連会社で完結しているのはGMOと似ていますね。

参考 ネットオウルWikipedia

エックスドメインのいまいちな所

たまたまかもしれませんが僕がドメインを購入し、ネームサーバーをエックスサーバーへ変更したときにDNS浸透まで数時間かかったのがひっかかります。
お名前.comやムームードメインだと、ネームサーバーを変更したらすぐにアクセスして何も問題がなかったので。
初心者の頃なら「なんでアクセスできないの?設定のなにが間違えてるんだろうか?」と、あれこれパニックになってたと思います。
そもそもネームサーバー変更は最大24時間かかると書いてあるので、何もおかしいところは無いのですけどね。
初心者ならつまずきやすいポイントだったと思います。

ドメインのバリエーションはGMOグループ(お名前.com、ムームードメイン)に遠く及びません。
.comや.net、.jpなど定番どころは問題ないですが、変わったドメインを取得希望であればGMOグループでしか買えない可能性が高いです。

おすすめのドメイン購入業者は?

僕は現状、お名前.com、ムームードメイン、エックスドメイン、これら3つのドメインサービスを利用していますが、正直管理がめんどくさいです。
3つのサイトにログインしないと、ドメイン更新期限の確認ができないのが不便ですし、設定もサービス毎に変わってきますしね。
管理の手間を考えると、出来る限りサービスは絞りたいところです。

それを踏まえて、ひとつの業者にまとめるのであればムームードメイン かなと思います。
珍しいドメインが欲しくなると結局GMOグループから購入することになるので、.comしか使わないぞ!って人でも無い限り将来的に利用せざるを得なくなります。

ただエックスドメイン の更新費用の安さは魅力です。
複数ドメインを持っていると年間の更新費用もバカになりませんから。
ドメイン管理が2つのサービスに分かれてしまいますが、基本的にエックスドメインを利用し、珍しいドメインが欲しいときだけムームードメインを利用するといった使い方もありだと思います。
2つのサービスならば、まだ許せるかなと。

そして、お名前.com は商魂たくましすぎるのがね…。
Whoisの注意点と多すぎる宣伝メールさえ止めれば、国内最大という安心感と情報量の多さで悪くはないのですけどね。

エックスドメイン購入からエックスサーバーでWordPress設置までの手順 WordPressロゴムームードメインでドメイン購入からエックスサーバーで使用するまでの手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です