レンタルサーバー速度比較記事はこちら

ロリポップ!にサブドメインを追加しWordPressのインストールとSSL化する手順

LOLIPOP サブドメイン 追加 WordPressインストール SSL化の設定

ロリポップで運用している独自ドメインに対して、サブドメインを追加設定する手順を解説します。

今回は僕がロリポップで使用しているドメイン「pera-pop.com」にサブドメインとして「sango.pera-pop.com」を追加し、そこにWordPressを設置し、SSL化していきます。

サブドメインを追加

ロリポップ!のマイページを開きます。

ロリポップ マイページ

「サーバーの管理・設定」→「サブドメイン設定」をクリック。

ロリポップ サブドメインの設定

「サブドメイン」欄の左側に、サブドメイン名を入力します。

今回は pera-pop.com のサブドメインとして sango.pera-pop.com を追加したいので、「sango」と入力します。
右側のセレクトボックスは親となる独自ドメインを選択します。なので、 pera-pop.com を選択。

「公開(アップロード)フォルダ」を設定します。
ここにWordPressがインストールされる管理上のフォルダ名になります。
サブドメインにちなんだ名称でいいと思います。

「ロリポップ!アクセラレータの設定」はサーバー側で行ってくれるキャッシュによる高速化です。
チェックを入れておきましょう。

「作成」ボタンをクリックすると確認画面が表示されます。
内容を確認して「設定」をクリック。

これでサブドメインが追加されました。

せっかくなので追加したサブドメイン「sango.pera-pop.com」にアクセスしてみます。

まだ何もアップロードしていないので「404」が表示されますね。

サブドメインにWordPressをインストール

マイページの左側のメニューから「サイト作成ツール」→「WordPress簡単インストール」をクリック。

ロリポップ サブドメイン ワードプレスを簡単インストール

サイトURL

「サイトURL」に先程追加したサブドメイン「sango.pera-pop.com」を選択します。

「利用データベース」は「新規自動作成」を選びます。
※例えば親と同じデータベースを使うこともできますが、そういうのはデータベースの挙動、管理がわかっている上級者の方だけにしましょう。一つのブログに対して一つのデータベースを割り当てるのが管理上とてもすっきりして楽になります。

両方を設定するとこんな感じになりました。

WordPressの設定

サイトのタイトルや、管理者となるユーザー名、パスワードなどを入力していきます。
サブドメインを追加する方は、2つ目以降のブログになるので詳しい説明は不要でしょう。

最終確認をして、「承諾する」にチェックを入れて「インストール」をクリック。

インストールが完了しました。

SSLの設定

SSL化の設定をしていきます。

マイページの左側のメニューから「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」をクリック。

ロリポップ サブドメイン SSL化

「SSL保護されていないドメイン」の欄に、先程追加したサブドメインが載っていると思います。
チェックを入れて「独自SSL(無料)を設定する」をクリック。

「SSL設定作業中」に変わります。
SSLの反映には5分ほどかかるので、このまま待機。

5分後、「すべてのドメイン」の欄を見ると、「SSL保護有効」となっているのが確認できました。

SSL証明書の導入はできたので、後はWordPressの設定を変更しましょう。

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)から、「設定」→「一般」をクリック。

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」が「http://~」となっていると思うので、ここを「https://~」に変更します。

画面下に「変更を保存」ボタンがあるので忘れずにクリック。
無事にhttps化したサブドメインにアクセスできましたか?

これでサブドメインのSSL化も完了です。

ロリポップ!WordPress使ってレビュー ロリポップ!レンタルサーバーを契約しました。実際に使ってみてのWordPress使用感をレビュー ロリポップ WordPress 独自ドメイン SSL化設定 全手順 ロリポップ!で新規申し込みから独自ドメイン、WordPress、SSL化までの設定全手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です