Amazonランキング大賞2018

ANKER SoundBuds Slim+ を購入しました

今更ですがBluetoothイヤホンを購入しました。
購入したのはこれ。

Amazonではモバイルバッテリーで定番と化しているAnker製品です。
発売当時から、馴染みのあるメーカーから2千円台でブルートゥースイヤホンが出たと話題になってました。

では、開封。

小袋の中はこんな感じ。

イヤーチップと、耳から外れにくくするためのウィング、イヤホンコード調節用のパーツです。

イヤーチップを並べてみたところ。

中央のMサイズが最初から付いているチップです。
分かりづらいですが、Sサイズと、より小さいXSサイズだと思います。
Lサイズは4つに見えるけど、もしかしたら2つはXLかも。
XSとXLは違いが微妙すぎて、同じなのかサイズ違いなのかよくわからない。

付属しているUSBケーブルはmicroUSBですね。

すごく短いです。
端子部分を除いたコードの長さを図ってみると、約14センチ。

充電器(コンセント)は付いてません。
USBなので、お持ちのスマートフォン(iPhone、Android)の充電器などを使って充電することになります。
充電端子はコントローラーの側面に付いてます。

ゴムの蓋ですが、あまりパチっとはまらない。そのうちむしっちゃうかも。

充電器はコストカットされているけど、ケースは随分しっかりしたものが付いてきます。

カラビナまで付いてますね。

防水イヤホンなのでスポーツ用としても使えますね。
ウィングは運動中でも外れにくくするためにつけてるのかもしれません。
ただカナル型(耳栓タイプ)なので外のランニングで使用するのは危険です。スポーツクラブ用ですね。
僕はウィングは邪魔なので外しました。

イヤホンの端はマグネットになっていて、左右のイヤホンがこんなふうにピッタリくっつきます。

電源と連動しているとか、そういうのはありません。くっつくだけ。
前機種は連動してたけど不評だったようです。

イヤホンのコード部分の長さを図ってみると約59.5センチ。

ペアリングは再生ボタンを3秒長押しです。
iPhoneと接続してみます。
3秒長押しすると、青ランプが激しく点滅します。

iPhoneの設定Appを開いて「Bluetooth」メニューを選びます。

デバイス欄に「SoundBuds Slim+」が表示されるのでタップ。
(Bluetoothをオフにしている場合はオンにしましょう)

数秒で「接続済み」に変わるので完了です。

音質にどうこう言える耳は持ってませんが、一応手持ちのBOSEのイヤホンと比較してみると…

BOSEが低音重視なので、それと比べるとドンシャカ高音が鳴ってますね。J-POPと相性は良さそう。

2千円台だし、手荒く扱えるのが気分的に楽ですね。
ケースは使わずにそのままポケットに突っ込んじゃってます。
AirPodsも検討してたけど、なんかこれで十分。
満足度が高い商品だと思います。


その後…。

首にかかるケーブルが妙に気になるようになってしまって、ついにAirPodsを購入してしまいました。
人とは快適を追い求める生き物だなぁと…。

AirPodsを購入したので開封から接続。複数端末の切り替えまでをレビュー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です