新型Kindle 4/10発売

Parallels13導入 〜修飾キー設定編〜

ParallelsのWindowsは、CtrlキーやWindowsキーの配置が若干おかしく割り当てられています。
Windowsでは当たり前の Ctrl + C でコピーしようとするとスタートメニューが動いたり…
これを普段のWindowsPCと同じような配置にするため、キーの割当を変更します。

Parallelsの「環境設定」を開いてください。

「ショートカット」タブを選択し、「Windows10」を選択。
「+」ボタンを押して、修飾キーを入れ替えます。

こんな感じになりました。

僕の場合はmac側でも修飾キーの配置を変更しているので、ここの設定は人によって変わってくるかもしれません。
環境に合わせて、キー割り当てを変えていってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です