(8/31まで)高価なキッチン用品が30日間試せる

WordPressループ

参考 条件分岐タグCodex

WordPressループ

基本的な書き方1
<?php if ( have_posts() ) :
    while ( have_posts() ) : the_post();
?>
ここにループ内の処理を記述
投稿された記事の情報などを表示
<p><?php the_title(); ?></p>

<?php
    endwhile;
endif;
?>
基本的な書き方2
<?php
if ( have_posts() ) {
        while ( have_posts() ) {
                the_post(); ?>

                ここにループ内の処理を記述
                <h2><?php the_title(); ?></h2>
                <?php the_content(); ?>

        <?php }
}
?>
<?php
if ( have_posts() ) {
        while ( have_posts() ) {
                the_post(); ?>

                <h2><?php the_title(); ?></h2>

                <?php the_content(); ?>

        <?php }
}
?>
参考 ループCodex

ループの記事の有無を確認 have_posts()

現在のWordPressクエリにループできる記事があるか調べる

投稿記事のロード the_post()

ループ中の投稿情報をグローバル変数の$postにロードする。
ループを次の投稿へ進める。
the_post()実行後、他のthe_xxx()系で現在の投稿の情報取得を行える。

参考 the_postCodex

投稿記事のタイトルを取得 the_title()

ループ中の専用関数。ループ外でタイトルを取りたい場合は get_the_title() を使用する。
<?php the_title( $before, $after, $echo ); ?>

$before
(文字列) (オプション) タイトルの前に置くテキスト
初期値:なし

$after
(文字列) (オプション) タイトルの後ろに置くテキスト
初期値:なし

$echo
(真偽値) (オプション) タイトルを表示(TRUE)または返します(FALSE)。
初期値: TRUE

使用例
<?php the_title( '<h3>', '</h3>' ); ?>
参考 the_titleCodex

投稿記事の本文を取得 the_content()

ループ内の専用関数。
<?php the_content( $more_link_text, $stripteaser ); ?>

$more_link_text
(文字列) (オプション) <!--more--> 以降を読むためのリンクとして表示するテキスト。
初期値: '(more...)'

$stripteaser
(真偽値) (オプション) <!--more--> 以前の内容を隠すかどうか。
初期値: false
true - <!--more--> 以降のみを表示
false - 本文をすべて表示 - デフォルト

参考 the_contentCodex

現在の投稿の抜粋を、文末に [...]をつけて表示 the_excerpt

ループ内の専用関数。
<!--more-->タグまでのテキストを表示する。
<!--more-->タグが無い場合は110文字までを自動的に抜粋する。
110文字を超えた場合は、文末に[...]が付く。(リンクが貼られるわけではない)
※「WP Multibyte Path」プラグインが有効化されていないと110文字の判断が出来ずに全文が出力されてしまったりする。

参考 the_excerptCodex

記事が属するカテゴリーへのリンクを表示 the_category

ループ内の専用関数。
<?php the_category( $separator, $parents, $post_id ); ?>

$separator
(文字列) (オプション) カテゴリーへのリンクを区切る文字列や記号。デフォルトでは、番号なし箇条書き(<ul>)でリンクを並べます。空の文字列を指定するとデフォルト表示になります。
',' を指定すれば、複数カテゴリーをカンマ区切りの横配置で出力されるようになります。
初期値: 空の文字列

$parents
(文字列) (オプション) 記事が子(サブ)カテゴリーに属するときの表示の仕方。オプションは:
▪ 'multiple' - 親と子のカテゴリーへのリンクを別々に表示し、見た目は「親/子」になります。
▪ 'single' - 子カテゴリーへのリンクのみを表示しますが、見た目は「親/子」になります。
初期値: 空の文字列
付記: 初期設定は子カデゴリーへのリンクであり、親子関係は表示しません。

$post_id
(整数) (オプション) カテゴリーを取得する投稿の ID。 初期値は false で、現在の投稿に付けられたカテゴリーのリストになります。
初期値: false

参考 the_categoryCodex

記事に付けられたタグを表示 the_tags()

ループ内の専用関数。
現在の記事に付けられたタグを表示します。
各タグは、そのタグのアーカイブページへリンクしている。
<?php the_tags( $before, $sep, $after ); ?>

$before
(文字列) タグ一覧の前に表示する文字列。初期値は Tags: 。

$sep
(文字列) 各タグリンクの間に表示する文字列・記号。初期値では、各タグ間をコンマ(,)で区切ります。

$after
(文字列) 最後のタグに続けて表示する文字列。初期値では何も表示しません。

参考 the_tagsCodex

現在の投稿の ID を表示。the_ID

ループ内の専用関数。
<?php the_ID(); ?>

参考 the_IDCodex

現在の投稿の公開時刻を表示 the_time()

ループ内の専用関数。
<?php the_time( $d ); ?>

$d
(string) (optional) 時間を表示するフォーマット。デフォルトは WordPress の設定画面で定義されている時間のフォーマット。日付と時刻の書式も参照。
初期値: なし

参考 the_timeCodex

ループ内の専用関数。
投稿の個別ページのURLを表示する。
<?php the_permalink( $post ); ?>

$post
(複合) (オプション) 投稿または固定ページの整数型の ID、あるいは投稿オブジェクト
初期値: ループ内で使用した場合、表示中の投稿の ID。

参考 the_permalinkCodex

投稿の作者を表示。 the_author

ループ内の専用関数。
<?php the_author(); ?>

参考 the_authorCodex