(8/31まで)高価なキッチン用品が30日間試せる

WordPressの基本

デバッグモード

有効にするとブラウザからアクセスした時にエラーの詳細が表示されるようになる。
本番環境では使わないことが推奨されている。
ローカル環境でのテーマやプラグイン開発の時に有効化する

wordpress/wp_config.php
define('WP_DEBUG', false); //trueにするとデバッグモード有効化

ログファイルを出力するようになる
出力先は wordpress/wp_content/debug.log
wp_confit.phpに初期状態では未定義なので自分で記述する。
WP_DEBUG定義の下に書けば良い
define( 'WP_DEBUG_LOG', true );

他にもいくつかデバッグ用の設定はあるが、基本は下記の2つをONにするだけで十分。
define('WP_DEBUG', true); //有効化
define('WP_DEBUG_LOG', true); //ログ出力をする

これらの定義はwp_config.php内の
/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */
よりも前に記述する。

参考 WordPressでのデバッグCodex