Amazonランキング大賞2018

制御文

if文

コード
if(条件式){
    処理
}
else if(条件式){
    処理
}
else{
    処理
}

三項演算子 ?:

(条件式) ? 真の場合 : 偽の場合

msg = (age >= 20) ? "成人です" : "未成年です";

switch文

コード
switch(条件式){
case 値:
    break;
case 値:
    break;
default:
    break;
}

defaultの省略可。breakを省略した場合は下の処理にそのまま流れる。

for文

コード
for(初期化; 条件式; 更新){
    処理
}

内部でbreak, continueを使用して処理の中断、スキップ可能

ラベル付きbreak文で多重ループから一気に抜けることも可能。

参考 break - JavaScriptMDN

while文

コード
while(条件式){
    処理
}

内部でbreak, continueを使用して処理の中断、スキップ可能。

do while文

コード
do{
    処理
}while(条件式);

内部でbreak, continueを使用して処理の中断、スキップ可能

for in文

配列の場合

コード
var members = ['田中', '鈴木', '佐藤'];
for(var mem in members){
	//配列の場合は index値 が渡される
	console.log(mem);	//出力:0, 1, 2
	console.log(members[mem]);	//出力:田中、鈴木、佐藤
}

連想配列、オブジェクトの場合

コード
var member = {
	name:'田中',
	age:15,
	birthplace:東京
};
for(var mem in member){
	//連想配列の場合は プロパティ名 が渡される
	console.log(mem);	//出力:name, age, birthplace
	console.log(member[mem]);	//出力:田中、15、東京
}

for of文(ES6)

PHPのforeach文と一緒。

コード
let items = [0, 1, 2, 3];
for(let item of items){
	console.log(item);
}

配列のキーを取得する場合

コード
let items = ['abc', 'def', 'ghi', 'jkl'];
for(let item of items.keys()){
	console.log(item);  //0,1,2,3 と順に表示
}

配列のキーと値がセットになった配列を順番に取得する場合

コード
let items = ['abc', 'def', 'ghi'];
for(let item of items.entries()){
	console.log(item);  //[0,'abc'],[1,'def'],[2,'ghi'] と順に表示
}

文字列もイテラブルなオブジェクト

コード
let str = 'ABC';
for(let val of str){
    console.log(val);  //A B C と順に表示
}