Amazonランキング大賞2018

<head> </head>タグ内に記載するもの

サイトの基本情報を表す。
タイトル、文字コード、キーワード、CSS等
<title>タグ以外の情報はブラウザに表示されない。

<header>タグとは違うので注意。

メタデータ <meta>

文書に関するメタデータを指定。

文字コードの指定
<meta charset="utf-8">

サイトの概要。検索エンジンで利用される
<meta name="description" content="サイトの概要">

キーワード。複数指定する場合は半角カンマで区切る
<meta name="keywords" content="キーワードA,キーワードB">

タイトル <title> </title>

サイトのタイトルを記述する。ブラウザのタイトルバーに表示される
<title>ぺらラボ</title>

例)スタイルシートの指定
<link rel="stylesheet" href="style.css">

rel属性にリンクタイプの指定
href属性に外部ファイルのURLを指定する

rel属性には指定出来るキーワードは色々あるが、現在は

  • スタイルシートの指定(styleseet)
  • 代替サイトの指定(alternate)
    ※デスクトップ用サイトとモバイル用サイトを分けている場合に知らせる等

この2種類ぐらいしか使われていないらしい。

参考 <link>HTMLクイックリファレンス

<style> </style>

HTMLファイル内に直接CSSを記述する場合に使う。
<head>タグ内でしか書けない。

<head>
<style>
p {
    color: red;
}
</style>
</head>